カラフルな電線 赤いケーブル

チューブの役割

電線

では、チューブというのは、どのようなところで使用されているものかというと、その言葉というのは、管上のものを指していたりします。
そのため、その管の中に、保護するべく、何かの物質を入れることができる管であることがわかります。
これは、このチューブが、どのようなことに使われるのかを示していることでもあり、あくまで、電線やケーブルなどの保護のために使用しているのです。
このような単体で保護しないと、使用している途中で、何らかの障害がでてしまうことを避けるものでものでもあるということと、その耐久性は覆うことで電線やケーブルと比べると大きく異なるものにできたりします。
一般的に使用するときには、最終的にチューブで電線やケーブル覆うことで、更なる品質の向上ができるようになるのです。

電線とケーブルの違い

青空と電線

電線とケーブルというのは、細かく説明するとそれぞれ違う意味があるものとして使われています。
それは、前者の場合は、導体である電気を直接通すことができるものを指して言っており、後者は、電気を通すことができる導体部分と、電気を通さない被覆部分とに分かれているものでもあるのです。
このように、言葉ひとつひとつとっても、かなりの違いがあったりしますが、結局は、電気を通すものを順番に素になる部分から、説明するための言葉ということになるのです。
前者の場合、その種類というのは、先の導体部分のみのものや、絶縁の部分を含んでいるものもあったりしており、そこには、電圧が低圧タイプとか高圧タイプなどに分かれていたりして、その用途にあわせて規格が決められたりしているのです。

電線やケーブルやチューブ

夕焼けと電柱

このことから、電線というのは、ありとあらゆる電気を通すための基本的な形であり、それらを加工し規格として定められたものを総称したものがケーブルで、それらを保護するものがチューブという事になったりします。
では、どのようなものがそれらにあたるのかというと、電線というのは、素のような状態の線であり、モーターに取り付ける線などの工作のときに、使用するものを思い描けばそれにあたります。
また、ケーブルというのは、テレビなどの入出力につながっているものをみれば、それが、そのものであることが想像できたりします。
最後に、チューブというのは、パソコンの中などを見てみると、多くの線を束ねて、それらを覆いかぶせるように保護しているものを想像してみることで、どんなものかわかります。

電気を通す線

電柱

電線とケーブルとチューブというのがあるが、これらの違いというのは、どのようなところにあるのかというと、これらというのは、その名のとおり、電気を通している線になりますが、形状そのものは、電気を通す金属の線を電気を通さない絶縁された被覆に覆われて作られており、一番の素の状態なのです。
また、ケーブルというのは、それらになんらかの加工を加えて、いろいろな決められた仕様にあわせて作られたもので、電線をさらに何本も重ねて加工して、見栄えなどを整えたものであります。
そして、チューブというのは、それらをさらの絶縁を高めるための被覆だけのものであったり、いろいろな障害を克服できるように電気を通す線などを保護し、加工されたものを言います。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031